3大ED治療薬の中で最も即効性が高いレビトラ

レビトラの特徴は、即効性が非常に高くバイアグラと異なって食事をすることでの効果に対する影響がほとんどないことです。
一応、食事に関しては一定カロリー内という制限が存在しますが、食事を取ることができなかったバイアグラに比べれば非常に使いやすい薬になっています。
レビトラに関しては、他のED治療薬以上にバイアグラとの比較が重要になることを知っておかなくてはいけません。
なぜかというと、もともとレビトラはバイアグラを参考にしてより良く改良を加えることで誕生した薬剤だからです。
バイアグラをさらに使いやすく改良を加えて2004年にドイツのバイエル社が開発した薬がレビトラであるため、バイアグラで見られた副作用に関する欠点はレビトラには見られません。
主成分はバルデナフィル塩酸塩で先述した即効性のほかに食事による影響を受けず、そして作用が非常に強いため器質性勃起不全などの神経障害に高い有効性と安全性が認められているのです。
レビトラを使用した際に起きた副作用は医療薬の中でも少ないのですが、実験では高用量になればなるほど副作用の発症する可能性が高くなっています。
それでも基本的な用量を守っていただければ、レビトラを使用した場合の副作用は発症しないと考えられます。
服用する際に注意していただきたいのがグレープフルーツで、レビトラの作用を阻害する効果があります。
既に世界ではレビトラのジェネリック医薬品が積極的に販売されています。