ED治療薬による過去の死亡事故

かつて日本には、バイアグラを飲むと死ぬという誤解や噂がありました。
実際に日本でバイアグラが発売される前年に、個人輸入で手に入れた薬を飲んで死亡する例が相次いだからです。
当時はEDの薬というのは日本でまだ馴染みがうすく、とびついたマスコミによって誤解は広められてしまいました。
現在でも、EDという症状自体が存在しない女性などはまだバイアグラが危険な薬だと思っている人が多いようです。
そもそもバイアグラによる死亡例は、その頃から禁忌とアメリカでも言われていた病気持っていたり、相性の悪い薬を飲んでいる人がたまたまバイアグラを飲んでしまったためにおきた不幸な事故なのです。
医薬品は現在でも、日本で未承認の薬も個人輸入で手に入れることができます。
でも、ED薬に限らず日本で未承認ということは、処方薬との相性もわからないし、自分が服用したら死亡する可能性は十分にあります。
医師と協力できる薬なら、そのリスクは抑えることができますが、それでも事故が起きる可能性は決してゼロではありません。
もしかしたら、日本人だけがその薬とあわないという事だってあるかもしれませんし、未承認の薬は新薬などが多いので、まだ充分に研究されていない部分もあるということです。
つまり、結局医薬品個人輸入は自己責任だということです。害を受けても、だれも助けてくれないということを肝に銘じておきましょう。